チャットレディ 確定申告 税金

チャットレディは確定申告をする必要があるの?

チャットレディは従業員という扱いではなく、業務委託をされている事業主という扱いになります。
そのため収入に関する確定申告はチャットレディ自身が行わなくてはなりません。

また、収入が多くなると夫の扶養から出てしまい余計な税金がかかってしまう場合がありますので注意が必要です。

だからといって確定申告をせず納税しないと脱税ということなるので、きちんと納税するようにしましょう。

確定申告はどれくらいの収入から必要なの?【チャットレディの疑問】

チャットレディ
チャットレディの仕事をすると必ず確定申告する必要があるのでしょうか?

いいえ、そんなことはありませんが、それなりに稼いでいる場合は確定申告する必要がります。
それでは確定申告をする基準のを見てみましょう。

・チャットレディーが本業の場合 ⇒年間所得が38万円を超える方

・チャットレディーが副業の場合 ⇒年間所得が20万円を超える方

ここで気をつけなくてはならないのが、「所得」という言葉の意味です。

所得とは、稼いだ金額の全部ではなく、「収入」から「必要経費」を引いた金額になります。

必要経費って何なの?って疑問を持っている方もいるかも知れません。
もっと後の方で詳しく説明しますが、簡単に言うとチャットレディの仕事をする上で必要な費用のことです。

わかりやすいものを挙げれば、パソコン、携帯代、Webカメラ、通信費(インターネットプロバイダ料金)などです。
それ以外にも、いろいろなものが必要経費として考えられますが、最終的には税務署に認められる必要があります。

そして必要経費として20万円認められた場合、50万円の収入があっても、所得は30万円です。
そうなると本業としてチャットレディをしている場合、38万円を超えないため確定申告をする必要がなくなります。

チャットレディが知っておきたい確定申告の期間

確定申告の対象期間は、1月1日~12月31日までの1年間です。

基準としては振り込まれたタイミングではなく、その収入が発生したタイミングとなります。
そのため、12月に発生して翌年1月に入金された報酬は、12月分として計上します。

このように年をまたいでしまうと、とてもややこしくなってしまうため、充分注意してください。

確定申告の提出期限は、翌年の2月16日~3月15日の1か月です。

チャットレディが知っておきたい所得税と住民税の計算方法

大きく関わってくる税金は、「所得税」と「住民税」の二種類になります。

住民税は、「課税所得金額の一律10%(所得割)」+「年額一律5000円(均等割)」です。
所得税は、「課税所得金額」に応じて「税率」と「控除額」が変動します。

◆所得税の計算式「課税所得金額」×「税率」-「控除額」=「所得税額」 ※「税率」と「控除額」は、以下の表を参照して下さいね。

課税所得金額に対する税率と控除額の表


課税所得金額 税率 控除額
195万円以下  5% 0円
195万円~330万円 10% 97,500円
330万円~695万円 20% 427,500円
695万円~900万円 23% 636,000円
900万円~1800万円 33% 1,536,000円
1800万円~4000万円 40% 2,796,000円
4000万円以上 45% 4,796,000円

課税所得金額が320万円から340万円に上がると税率が10%も増えてしまいます。
だけど、その分控除額も増えるので、税率の境界線付近で負担が大きく変わることはありません。

チャットレディの必要経費とは?

チャットレディ
チャットレディで必要経費として認められるものとは、お仕事をするうえで欠かせない経費のことです。
所得税は、課税所得金額に対して税率と控除額が適用されます。

だからここをいいかげんにしないで、チャットレディーのお仕事に使用したものはしっかり経費として計上してください。
こまめにレシートやメモを取っておくことが大切です。

経費になるかどうかという判断は、最終的には税務署が行います。
そのため一概にこれが経費になる!とは言えませんが、一般的にチャットレディーの経費として認められる項目を以下にリストアップします。

是非参考にしてみてください。

チャットレディの経費として認められるもの

・パソコン
・パソコン周辺機器(Webカメラ、マイク等)
・家賃、光熱費、通信費(インターネットプロバイダ料金・携帯電話料金など)
・家具(ソファ・カーテンなど)
・衣装代、美容院代、化粧品代、装飾品代(アクセサリーなど)
・交通費
・交際費(飲食代・旅費・宿泊費など)

※プライベートでも使用する家賃や光熱費などは、時間や占有部分の比率で考えます。
※美容院代、化粧品はプライベートのものと混同しやすいため、時に認められないケースもあります。

購入に際し、領収書やレシートは必ず保管しておいて下さい。
クレジットカードで購入した場合は、明細が領収書の代わりになります。

このような物は、実際に支出があったことを証明するのに重要な物ですので、必ず残しておくようにしましょう。

領収書やレシートがない申告について

短距離の交通費では、領収書やレシートを発行してもらえないケースもあります。
その場合は「出金伝票」という書類を作る必要があります。

「出金伝票」には、「日付」「支払先」「金額」「具体的な内容」の4項目の記載が必須となります。
これらの詳細がきちんと記載されていれば、出金伝票は領収書の代わりになります。
近所の文房具店などでも購入できますので、必ず用意しておきましょう。

接待交際費の注意事項

接待交際費は、当たり前ですが、仕事のために活用した物でなければ経費として認められません。
飲み代や食事代なども計上することができますが、明確に仕事で使ったことを証明できないと税務署に認められません。
伝票や帳簿には、必ず「相手の名前」や「具体的な内容」などの詳細を記入しておくようにしましょう。
お客さんとは直接会ったりすることはないので、チャットレディ(同業者)との情報交換などになると思います。

チャットレディは白色申告と青色申告のどちらが得なの?

チャットレディ 確定申告
白色申告青色申告というワードを聞いたことはありませんか?

ここではその二種類の確定申告について解説したいと思います。

白色申告とは?

白色申告とは、収入や経費を大まかに計算するだけで申告できる方法で、確定申告の知識がない方でも簡単に申告できます。
手間がかからない分、青色申告に適用される特別控除などの特典がありませんので節税できないことがデメリットです。

この方法は、「簿記や会計の知識がない方」「短期でチャットレディをしている方」「青色申告の申請に間に合わなかった方」などにおすすめの方法です。

青色申告とは?

青色申告は、毎日の取引を細かく帳簿に記録して正確な所得を申告する方法であるため、時間と手間がかかります。
しかし、その分必要経費として認められる項目や金額が増えたり、最高65万円の特別控除を受けられるなどのメリットがあります。

青色申告は、あらかじめ「所得税の青色申告承認申請書」と「個人事業の開業・廃業届出書」という届出を税務署に提出しておく必要があります。期限は、青色申告する年の3月15日(または開業日から2ヶ月以内)までになります。

青色申告は、「収入が多く少しでも節税したい方」「長期でチャットレディをしている方」などにおすすめの方法です。

※職業欄に「チャットレディ」と書きたくない方は、「インターネットモデル」や「インターネットサービス業」などと書いておきましょう。

確定申告を簡単にする方法

今までは、所得が300万円以下の白色申告には帳簿の記帳が必要ありませんでした。
しかし、平成26年以降からすべての白色申告に「帳簿への記帳」と「帳簿の保存(5~7年)」が義務づけられるようになりました。

実際これらを考えると、白色申告と青色申告の手間はあまり変わらなくなっています。
だから、ある程度の収入がある方には10万円の控除が受けられる簡易簿記の青色申告をおすすめしています。

青色申告で65万円の控除を受けるには正規の複式簿記で記帳する必要があります。
これは、10万円控除の簡易簿記と比較するとかなりの事務負担になります。

少しでも多く節税したい方にはおすすめですが、簿記や会計の知識がない方には難しい作業なので、会計ソフトを利用すると楽です。
以下は、初心者の方に超おすすめの会計ソフトになります。

国内シェア No.1の弥生株式会社が提供するクラウド型の会計ソフトで、自動計算機能等の便利な機能が備わっています。
勿論、確定申告書類の作成にも対応しています。

簿記や会計の知識がない初心者の方でも簡単に利用できますので、是非チェックしてみてください。
初めての方は1年間無料で利用できるので試してみてください。

>>やよいの青色申告オンラインはコチラ<



>>チャットレディサイト ランキングのページへ