チャットレディ体験談

クレアでメールレディをしています

わたしは高校を卒業してすぐにメールレディをはじめました。高校在学にメールレディという職業があることを知り、こんなに楽しみながら高収入を得ることができる職業があるのかと衝撃を受けたことを覚えています。その時から、登録できるようになるのを今か今かと待ちわびていました。

メールレディをはじめて約5年。色々なサイトに登録してきましたが、当初からクレアを中心に利用していました。
内容としてはメールのみで、今まで電話をしたことは1回もありません。

メールでアダルトな内容を話したりもしましたが、基本的はノンアダルトの雑談メインで、顔出しもプロフィールに口元を隠した写真を1枚載せていただけです。アダルトな写真は顔出しなしで何枚か載せていましたが、登録時から何年も更新しない程で、あってないようなものでした。

1日中メールをしていたというわけではなく、本当に暇つぶし程度の間隔でサイトを利用していました。
朝起きて学校や会社に行くまでの時間や、休憩時間、家でのんびりしている時間にコツコツをやっているだけで、バイトのように何時から何時までと決めていたわけではありません。
それでも毎日メールをくださる常連さんが居たので、ログインは欠かさないようにしていました。

報酬システムとしては、メールや電話をして一定額以上を稼ぐと、自分の口座に振り込むことが出来ます。振込申請をした翌々日には振り込まれるので、急な出費の際にも安心のシステムです。メールや電話だけで稼げるとなると胡散臭いと思われる方もいるかもしれませんが、その辺りはしっかりとしているので心配いりません。

私の月の稼ぎは平均して20万円程で、暇な時にメールをするだけでこんな額を稼ぐことが出来るなんて、しっかり働いているのがバカらしく思えるほどです。下手をしたら本業より稼いでしまう時もありますし、いいお小遣い稼ぎになります。

メールレディで稼ぐコツ

チャットレディ
稼ぐコツとしては、どんどん男性にアピールをすることです。
基本的に男性からのアプローチは来ません。男性はメール1通送るのにもお金がかかってしまうので、無駄遣いを控えようとしています。

こちらからメールをしたとしても返事が来る確率はあまり高いものとは言えず、根気強く多くの男性にアタックメールをすることが重要だと思っています。

中にはひどい罵倒を浴びせてくる方もいますし、会話が成り立たないような方もいますが、いちいちそんなものに反応していたらきりがありません。

わたしは男性をお金として割り切って、いかに長くメールを続けられるかと考えています。毎回質問をしてみたり、相手の趣味や好きなものの話をしてみたり、そうしていくうちに常連さんになってくれ、他愛ない雑談だけでも稼げるようになっていきました。

サイト内だけで満足せず、直接の連絡先を聞き、会おうとしてくる男性もいますが、そういう方はメールを長引かせるだけ長引かせてサヨナラをします。

外部に誘導する方はサイトにお金を落としませんから、サイトからしても、自分からしても、他のチャットレディの方からしても必要のない存在です。そういう方はすぐに退会してしまいます。とにかくサイト内で楽しむものと理解している男性を上手く見つけらえるかが大きなポイントです。


チャットレディは体を売るような仕事、風俗のようなものというイメージがある方は少なからずいると思います。メールだけで稼ぎ、ノンアダルトでやっていたとしても、そういったものと思われてしまうのは仕方がないと思います。

私には同棲している彼氏がいます。とても仲がいいのですが、彼は自覚のないギャンブル依存症です。生活費もギャンブルに注ぎ込んでしまい、いつも生活がカツカツだったのですが、メールレディをはじめるようになって生活に余裕が出来るようになりました。彼にはしっかりと事情を説明した上でこのお仕事をしていますが、男性と絡むお仕事ということでいい気はしていません。

機嫌が悪い時だとメールレディという仕事に対する嫌悪感を漏らします。それでも、メールレディをしていなければ借金をしていたとも思っているので、メールだけでお金を稼ぐことできる事にとても感謝していますし、彼自身も理解をしてくれています。彼や旦那さんがいる場合、しっかり話し合いをしてやっていくことが必要不可欠です。

メールレディは女性が暇つぶし感覚で稼げる職業ではありますが、その分一定以上の収入を得るには努力や研究が必要だと思っています。それを怠ることをしなければ月に十数万稼ぐことは難しくないと思いますので、興味がある方はぜひ一度やってみてほしいです。向いていないと思った場合はすぐに退会すればいいですし、試してみる価値はあると思いますよ。


↓↓↓クレアの詳しい報酬などはコチラ↓↓↓

>>クレアの求人情報ページへ

関連記事はこちらです。